サイクリングトーク 自転車談義

自転車で行く旅の情報

サイクリングトーク

  1. ホーム
  2. 自転車リンク
  3. サイクリングロード
  4. ツーリング
  5. 林道

MONGOOSE(マングース)|マウンテンバイク / MTB

MONGOOSE(マングース) MTB / マウンテンバイク ~100,000円


軽量クロスカントリーアルミ製フレームに、SUNTOUR/SRAMのコンポーネント、TEKTRO NOVELAメカニカルディスク等を装備したエントリー向けマウンテンバイク。5万円を切ったプライスが魅力。


昨年リニューアルした軽量アルミ製フレームに、RST DIRT-Tフロントサスペンション、MRP製チェーンガイド等基本を押さえたパーツスペックを有し、リーズナブルなプライスを実現したダートジャンプモデル。2012年、8-SPEEDに変更になりました。


クロスカントリー向け軽量アルミ製フレームにSUNTOUR XCR LOフロントサスペンション、TEKTRO DRACO PRO油圧ブレーキ等高品質なパーツを採用しながら、リーズナブルなプライスを実現したクロスカントリーハードテイルモデル。


上位モデルと同じトラベル量が変更できるフレームを採用し、9万円を切るプライスを実現したフルサスペンションモデル。ブラックカラーにホワイトパーツでコーディネイトされたカラーリングも魅力。

ページのトップ

MONGOOSE(マングース) MTB / マウンテンバイク ~200,000円


29ERモデルをお求めやすいプライスでお届けするのがローエンドグレードのCOMP。
MONGOOSE29インチホイールの楽しさを味わってください。


SALVOシリーズのミドルグレードCOMP。全モデル共通の4バーリンケージリアサスペンションはリンクのピボットの位置をクイックリリースで簡単に変更でき、フィールドにあわせて95mmと120mmのトラベル量を楽しむことができます。


前後サスペンションの快適さをリーズナブルなプライスで楽しんでいただけるSALVOシリーズ。2012年モデルではSHIMANO DEOREの3x10SPEEDを採用、変速域が広がり、さらにライディングが楽しくなりました。


剛性の高いテイパードヘッドセットを採用したフレームは上位モデルと同じ。20万円を切るプライス設定のSLAYTONシリーズのローエンドモデルながらSHIMANO DEORE/SRAM X5の3x10SPEED仕様などワンランク上のスペックとなっています。


METEORE 29ERシリーズのミドルグレードEXPERTは、性能と価格のバランスのとれたパーツをセレクトしたベストパフォーマンスモデル。


TEOCALIシリーズのローエンドモデル。20万円を切った価格ながら、他のモデルと同じフレームに、今年から2x10SPEEDにアップグレードされたパーツスペックなど上位モデルに引けを取らない内容となっています。

ページのトップ

MONGOOSE(マングース) MTB / マウンテンバイク 200,000円~


こちらはBOOT'R APPRENTICEからBOOT'R COMPに名称が変わったBOOT'Rシリーズのエントリーグレード。2012年よりリアショックはROCO COIL R、フロントサスペンションは888 RVとMARZOCCHI製のユニットに、ブレーキはAVID ELIXIR1に変更になりました。


昨年のTEOCALI ELITEのグレードになるのがTEOCALI EXPERT。上位モデルと同じフレームにROCKSHOXのSEKTOR RLフォークとARIO RLショックをチョイス、パーツ構成など価格とパフォーマンスのバランスのとれた1台。


マウンテンバイクのグレード表示の変更の為、昨年のTEOCALI SUPERのグレードにアップグレードされたTEOCALI ELITE。こちらはMEGAに比べ、ROCK SHOX REVELATION RL、STAN'S NO TUBE ZTR CREST, AVID ELIXIR 5といった軽量パーツをセレクトし、より軽快なライディングが楽しめます。


SLAYTONシリーズのミドルグレードになるEXPERTはTEOCALI EXPERT同様、このシリーズの中でもバランスのとれた1台です。ROCKSHOXの前後ユニット、STAN'S NO TUBESリムといったELITEに負けないパーツ構成です。


昨年のBOOT'R FOREMANがBOOT'R EXPERTに名称変更。ELITE同様にリニューアルされたFREEDRIVEダウンヒルフレームにはFOX VAN Rユニットがセレクト、ROCKSHOX BOXXER RCフロントサスペンションの組み合わせで30万円を切るプライスを実現。


MONGOOSEトレイルバイクでアメリカでトップセールスを誇るTEOCALIシリーズ。昨年リニューアルしたフレームはさらに強度アップを図る為、135x12mmリアスルーアクセルを採用しました。フラッグシップモデルMEGAにはROCKSHOX LYRIK RC2Lフロントサスペンション等、軽量ダウンヒルモデルとしても楽しめるエクストリームグレード。


2012年新しく加わったクロスカントリーラインアップとなるSLAYTONシリーズ。120mmトラベルジオメトリーとなる新設計の軽量アルミ製FREEDRIVEフレームを採用。フラッグシップモデルとなるELITEにはFOX 32 F-SERIES FIT RLCフォーク、FOX FLOAT RP23リアユニット、STAN'S NO TUBES ZTR OLYMPICリム等のハイパフォーマンスパーツをセレクトしています。


2012年新しくデザインされたFREEDRIVEダウンヒル210mmトラベルフレームを採用したBOOT'Rシリーズのフラッグシップモデル。FOX DHX RC2リアショック、ROCKSHOX BOXXER R2C2フロントサスペンション、AVID CODE油圧ブレーキとライダーを本気にさせるハイスペックパーツで構成されています。
S, Mサイズ設定のあるフレーム販売もあり。

ページのトップ

掲示板

サイクリングロード

  1. 北海道
  2. 道北 道東(太平洋) 道央 道南
  3. 東北
  4. 福島県
  5. 関東・甲信越
  6. 茨城県 栃木県 群馬県
  7. 北陸・東海
  8. 関西
  9. 中国・四国
  10. 九州・沖縄
  11. 沖縄県

MTB林道ツーリング

  1. 北海道
  2. 道北 道東(太平洋) 道央 道南
  3. 東北
  4. 青森県 岩手県 山形県 福島県
  5. 関東・甲信越
  6. 山梨県 長野県
  7. 北陸・東海
  8. 福井県 岐阜県
  9. 関西
  10. 兵庫県
  11. 中国・四国
  12. 広島県 徳島県 高知県
  13. 九州・沖縄
  14. 熊本県 鹿児島県

自転車リンク集

広 告

システムキャリア / サイクルキャリア

Copyright (C) 2012 Yuichi Mizunuma All rights reserved. since 2003.WebMaster うーたん
サイクリングトークの掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信・出版物への掲載等を禁じます