サイクリングトーク 自転車談義

自転車で行く旅の情報

サイクリングトーク

  1. ホーム
  2. 自転車リンク
  3. サイクリングロード
  4. ツーリング
  5. 林道

Bianchi(ビアンキ)|ロードバイク

Bianchi(ビアンキ) ~100,000円


BIANCHI(ビアンキ)のクラシックな外観が人気の街乗りバイク”PISTA VIA BRERA inter7”

クロモリフレームを用いた振動吸収に優れた気持ち良い走りと、
シンプルな外観を保ちつつ、変速を搭載した効率よい走りを実現したバイクです。

変速はSHIMANO 内装7段変速を搭載。
通常の変速機は外装変速と呼ばれるタイプですが、それに比べて内装変速機はローメンテナンスで日々のお手入れの負担を抑えることが出来ます。また変速のタイミングや複雑な変速操作に気を取られずに楽にご乗車できます。 コレはかなりの付加価値です。

ブラウンを採用し、非常にカッコいいバイクに仕上がっております。
ごたごたと飾り気の無いシンプルなフォルムを保ちつつ、効率よい変速搭載の走りを実現したバイクで様々な用途にご利用いただけます。

気軽に乗れる仕上がりになっておりますので、非常にオススメです。


PISTA Drop(ピスタドロップ)は
ホワイトカラーが特徴のクラシックデザインバイクで、非常にカッコいい仕上がりとなっております。

一番の特徴は、そのシンプルさとデザイン性にあります。
ごたごたと飾り気の無いフォルムが非常に美しいんです。

フロント・リア変速が全くありません。
一見非効率に見えるのですが、ストップアンドゴーを繰り返す街乗り用途では
煩わしい変速操作がなく、そのシンプルな操作性が反って使いやすく最近ではウケています。

また変速機の故障トラブルもなく、安心してご乗車いただけるのも嬉しい点です。
もちろんブレーキを搭載したフリー仕様でのご提供となります。


BIANCHI(ビアンキ)のクロモリシクロクロスバイク”LUPO(ルポ)”
長きに渡り愛されている定番モデルです。

LUPO(ルポ)はロードバイクにより強度・快適性を増したタイプで
街乗り・ツーリングに気軽にご利用いただけます。

タイヤは700x32Cと太めなので、
道路の段差などある程度心配なくご乗車いただける気軽さがうれしいです。

コンポはSHIMANO SORAを採用した9段変速を搭載し、安心してご利用できるスペックに仕上がっております。

クランクには50/39/30Tのトリプルを使用し、27段変速を採用しております。
ギアの選択肢の幅が広く、脚力に自信がない方でも安心してご乗車いただけます。

補助ブレーキも搭載しているので、ラクな姿勢でもブレーキができるのも嬉しいポイントです。

クロモリフレームなのでしなやかな走りと強度を実現しています。


2012より登場した BIANCHI(ビアンキ)のクロモリロードバイク”VINCITORE(ビンチトーレ)”。

SHIMANO SORAをメインスペックに採用したお求めやすい価格のクロモリロードバイクです。

クロモリフレームは細身で剛性が高く、振動吸収性にも優れる独特ののびやかな走りが特徴です。

またアルミバイクに比べ、デザインがシンプルなので洋服などを選ばず、
用途の幅が非常に広いのが特徴の1つでもあります。

VINCITORE(ビンチトーレ)はSHIMANO SORAをメインパーツに使用したモデルでお求め安い価格が魅力的です。

コンポはリア9段変速の18SPEEDを搭載しております。
コストを抑え、同時に安心してご利用できるスペックに仕上がっております。

クランクコンパクト仕様の50/34Tを使用しているので、
クロスなギア比で効率よく・小気味良いシフティングが可能です。

クラシックなデザインで最新の走行性を手にしたバイクで、街をかっこよく上質に走れますよ。


BIANCHI(ビアンキ)の定番”シングルスピードバイク ”PISTA(ピスタ)”

2012モデルではフレームにアルミ素材を用い、
トラックバイクを意識したより攻撃的なデザインに生まれ変わっております。

フロントフォークにはカーボンを使用し、軽量な仕上がりと振動吸収性に優れた走りを演出します。
シンプルで軽量にしあがっているので、非常にスピーディに走れるバイクに仕上がっております。

ホワイト・ブラックカラーそれぞれのフレームカラーに合わせたパーツを装備し、非常に統一感があります。
ステム・ハンドル・ディープリム・シートポスト・サンマルコサドル、すべてに拘りを持ったカッコイイ仕上がりです。

フロント・リア変速が全くありません。
一見非効率に見えるのですが、ストップアンドゴーを繰り返す街乗り用途では
煩わしい変速操作がなく、そのシンプルな操作性が反って使いやすく最近ではウケています。

また変速機の故障トラブルもなく、安心してご乗車いただけるのも嬉しい点です。
もちろんブレーキを搭載したフリー仕様でのご提供となります。

気軽に乗れる仕上がりになっておりますので、どうぞご安心下さい。


ビアンキのC2Cモデル(コーストtoコースト)のテーマは快適性。
サイクリングには、レースの楽しみ、速度の快感、長距離を走る達成感などが挙げられますが、 C2Cプロジェクトではこれらの全てに答えるために生まれました。

通常のフレームよりも長いヘッドチューブは上体を起こす事ができ、肩と首の疲労を軽減して呼吸も楽になります。少し長めのフロントセンターは走行安定性を向上させています。

VIA NIRONE ALU TIAGRAはアルミフレーム+カーボンフォークを搭載したバイク。
オーソドックスなロードバイクですが、軽量に仕上がり、また反応も早く機敏な走りを演出してくれますよ。

コンポはモデルチェンジをしたSHIMANO TIAGRAを搭載し20SPEEDを実現しております。
ワイドなギア比で効率よく乗車できます。後々のパーツアップグレードも容易なのでうれしいです。

クランクコンパクト仕様の50/34T・カセットに12-25T 10SPEEDを使用しているので、
脚力に自信がなくても安心して踏み込めます。

ページのトップ

Bianchi(ビアンキ) ~200,000円


BIANCHI(ビアンキ)より2011モデルより登場し人気を誇ったシクロクロスロード ”ZURIGO(ズリゴ)”

シクロクロスレースをターゲットにしたモデルです。

オフロードで行われる自転車競技”シクロクロス”。
そのレースをターゲットにした自転車ですので、ロードレーサーの軽さとMTBの悪路走破性を兼ね備えた車種に仕上がっております。

もちろん街乗りやロングライド用途でもご利用可能。

タイヤは700x32Cと太めなので、道路の段差などある程度心配なくご乗車いただける気軽さがうれしいです。

メインコンポにSHIMANO NEW TIAGRAをメインスペックに搭載。
コストを抑えながらも確実な変速性能とトラブルの少ない耐久性の高さが自慢です。

また20SPEEDを実現しておりますのでワイドなギア比で効率よく乗車できます。
後々のパーツアップグレードも容易なのでうれしいです。


BIANCHI(ビアンキ)の高い人気を誇るクロモリロードバイク”IMOLA(イモラ)”。

一番の特徴はそのフレームにあります。
細身で剛性が高く、振動吸収性にも優れるクロモリ独特ののびやかな走りが特徴で
カーボンフォークとあわすことで非常に上質の走りを演出します。

またアルミ・カーボンバイクに比べ、デザインがシンプルなので洋服などを選ばず、用途の幅が非常に広いのが特徴の1つでもあります。

IMOLA(イモラ)はSHIMANO NEW TIAGRAをメインパーツに使用したモデルでお求め安い価格が魅力的です。

今年より10速化にグレードアップされたSHIMANO TIAGRAを搭載し、20SPEEDで効率の良い走りを実現します。
またメンテナンス性・精度が高く、安心してご利用できるスペックに仕上がっております。

クランクコンパクト仕様の50/34T・カセットに11-25T 10SPEEDを使用しているので、
クロスなギア比で効率よく・小気味良いシフティングが可能です。

クラシックなデザインで最新の走行性を手にしたバイクで、街をかっこよく上質に走れますよ。


ビアンキ 懐かしのスポルティ-フBIANCHI(ビアンキ) ”ANCORA(アンコラ)”

一時代を築いた人気の車種”スポルティ-フ”を再現したモデル

ロードの走行性能を保ったまま、ツーリングにもご利用いただけるように設計された車種で、走行性と安定性を兼備えています。

クランクにはトリプルを採用し、リアにSHIMANO SORA9段変速を採用。27段変速を搭載し、ワイドなギア比でロングツーリングから街乗りまで、様々なご用途にご利用いただけます。

デザインも優秀でダブルレバー・サドル・泥よけ・バーテープなど全てにこだわりを持った自転車に仕上がっています。

街乗り・ツーリングに活躍する素敵な自転車です。


2012モデルより新登場したモデル”BIANCHI(ビアンキ) INPULSO(インパルソ)”
C2Cシリーズに属する快適性を重視した新しいアルミロードバイクです。

ビアンキのC2Cモデル(コーストtoコースト)のテーマは快適性。
サイクリングには、レースの楽しみ、速度の快感、長距離を走る達成感などが挙げられますが、 C2Cプロジェクトではこれらの全てに答えるために生まれました。

INPULSO(インパルソ)はカーボンと見間違えるような、美しい流線形が特徴のアルミバイク。

一度溶接したアルミフレームを、ハイドロフォーミングで再度成形している手間のかかった、また高い技術が生み出したフレームです。
ヘッド付近やBB付近が太く高い剛性が特徴で、直進安定性に非常に優れたバイクに仕上がっています。

通常のフレームよりも長いヘッドチューブは上体を起こす事ができ、肩と首の疲労を軽減して呼吸も楽になります。
少し長めのフロントセンターは走行安定性を向上させています。

INPULSO105はメインコンポにSHIMANO 105 をメインスペックに搭載。
確実な変速性能とトラブルの少ない耐久性の高さが自慢です。また20SPEEDを実現しておりますのでワイドなギア比で効率よく乗車できます。後々のパーツアップグレードも容易なのでうれしいです。

クランクコンパクト仕様の50/34T・カセットに12-25T 10SPEEDを使用しているので、
脚力に自信がなくても安心して踏み込めます。

MAVIC AKISIUMEコンプリートホイール仕様で剛性が高く、質の良い走りを実現したモデルです。


ビアンキのC2Cモデル(コーストtoコースト)のテーマは快適性。
サイクリングには、レースの楽しみ、速度の快感、長距離を走る達成感などが挙げられますが、 C2Cプロジェクトではこれらの全てに答えるために生まれました。

通常のフレームよりも長いヘッドチューブは上体を起こす事ができ、肩と首の疲労を軽減して呼吸も楽になります。少し長めのフロントセンターは走行安定性を向上させています。

VIA NIRONE ALU/CAR 105/TIAGRA MIXはアルミ+カーボンバックフレームにカーボンフォークを搭載したバイク。バックフォークがカーボン仕様で、カーボンフォークとの組合せで振動吸収に優れた軽量で上質でしなやかな走りを演出します。

パーツ構成はSHIMANO 105とTIAGRAのミックスコンポを採用。
リアメカ・シフターには105を搭載し、フロントメカ・カセットブレーキなどにTIAGRAを採用しコストダウンを実現しております。

確実な変速性能とトラブルの少ない耐久性の高さが自慢です。また20SPEEDを実現しておりますのでワイドなギア比で効率よく乗車できます。後々のパーツアップグレードも容易なのでうれしいです。

クランクコンパクト仕様の50/34T・カセットに12-25T 10SPEEDを使用しているので、
脚力に自信がなくても安心して踏み込めます。


BIANCHI(ビアンキ)のカーボンモノコックフレームを採用したモデル
”CENTO STRADA(チェントストラーダ)”。C2Cシリーズの限定生産モデルとなります。

ビアンキのC2Cモデル(コーストtoコースト)のテーマは快適性。
サイクリングには、レースの楽しみ、速度の快感、長距離を走る達成感などが挙げられますが、 C2Cプロジェクトではこれらの全てに答えるために生まれました。

通常のフレームよりも長いヘッドチューブは上体を起こす事ができ、肩と首の疲労を軽減して呼吸も楽になります。少し長めのフロントセンターは走行安定性を向上させています。

CENTO STRADA(チェントストラーダ)はカーボンモノコックフレームを採用したバイク。振動吸収に優れた上質な走りはもちろん、軽量に仕上がっているので本当に軽やかな走りを実現してくれます。

メインコンポにSHIMANO TIAGRAをメインスペックに搭載。非常にお求めやすい価格を実現しております。
確実な変速性能とトラブルの少ない耐久性の高さが自慢です。また20SPEEDを実現しておりますのでワイドなギア比で効率よく乗車できます。後々のパーツアップグレードも容易なのでうれしいです。

クランクコンパクト仕様の50/34Tを使用しているので、
脚力に自信がなくても安心して踏み込めます。


2012モデルより新登場したモデル”BIANCHI(ビアンキ) INPULSO(インパルソ)”
C2Cシリーズに属する快適性を重視した新しいアルミロードバイクです。

ビアンキのC2Cモデル(コーストtoコースト)のテーマは快適性。
サイクリングには、レースの楽しみ、速度の快感、長距離を走る達成感などが挙げられますが、 C2Cプロジェクトではこれらの全てに答えるために生まれました。

INPULSO(インパルソ)はカーボンと見間違えるような、美しい流線形が特徴のアルミバイク。

一度溶接したアルミフレームを、ハイドロフォーミングで再度成形している手間のかかった、また高い技術が生み出したフレームです。
ヘッド付近やBB付近が太く高い剛性が特徴で、直進安定性に非常に優れたバイクに仕上がっています。

通常のフレームよりも長いヘッドチューブは上体を起こす事ができ、肩と首の疲労を軽減して呼吸も楽になります。
少し長めのフロントセンターは走行安定性を向上させています。

INPULSO ULTEGRAはメインコンポにSHIMANO ULTEGRAをメインスペックに20SPEEDで効率の良い走りを実現します。 上質な仕上がりのパーツで変速性能・精度・耐久性・メンテナンス性に非常に優れているのもポイントです。
さらにULTEGRAスペックで15万前半の価格設定は非常にパフォーマンスが優れていると思いますよ。

クランクコンパクト仕様の50/34T・カセットに12-25T 10SPEEDを使用しているので、
脚力に自信がなくても安心して踏み込めます。


BIANCHI(ビアンキ)のカーボンフレームを使用したシクロクロスロード ”CAVARIA(カバリア)”

シクロクロスレースをターゲットにしたモデルです。

オフロードで行われる自転車競技”シクロクロス”。
そのレースをターゲットにした自転車ですので、ロードレーサーの軽さとMTBの悪路走破性を兼ね備えた車種に仕上がっております。

もちろん街乗りやロングライド用途でもご利用可能。

タイヤは700x32Cと太めなので、道路の段差などある程度心配なくご乗車いただける気軽さがうれしいです。

メインコンポにSHIMANO NEW TIAGRAをメインスペックに搭載。
コストを抑えながらも、確実な変速性能とトラブルの少ない耐久性の高さが自慢です。また20SPEEDを実現しておりますのでワイドなギア比で効率よく乗車できます。
後々のパーツアップグレードも容易なのでうれしいです。


B4Pモデル カーボンモノコックバイク”SEMPRE(センプレ)”

B4P(BORN FOR PERFORMANCE)シリーズのフレームはパフォーマンス重視の設計ですが、広範囲に渡って融通が利くよう作られていますので、レースのみでは無く様々な用途に使用することが出来ます。

SEMPRE(センプレ)はカーボンモノコックフレームを採用したバイク。レーシーなジオメトリーを採用し、BB30を採用するなど軽量化に拘ったフレームは振動吸収に優れた上質な走りはもちろん、本当に軽やかな走りを実現してくれます。

メインコンポにSHIMANO 105 をメインスペックに搭載。
確実な変速性能とトラブルの少ない耐久性の高さが自慢です。また20SPEEDを実現しておりますのでワイドなギア比で効率よく乗車できます。後々のパーツアップグレードも容易なのでうれしいです。

クランクにはC2Cシリーズと異なり53/39T・カセットに12-25T 10SPEEDを使用。重たいギア比を持ち合わせ、レーシーな走りを実現できるバイクに仕上がっています。

FULLCRUM RACING7コンプリートホイール仕様で剛性が高く、質の良い走りを実現したモデルです。

ページのトップ

Bianchi(ビアンキ) 200,000円~


BIANCHI(ビアンキ)のカーボンモノコックフレームを採用したモデル
”INFINITO(インフィニート)”。C2Cシリーズの最上位モデルとなります。

ビアンキのC2Cモデル(コーストtoコースト)のテーマは快適性。
サイクリングには、レースの楽しみ、速度の快感、長距離を走る達成感などが挙げられますが、 C2Cプロジェクトではこれらの全てに答えるために生まれました。

通常のフレームよりも長いヘッドチューブは上体を起こす事ができ、肩と首の疲労を軽減して呼吸も楽になります。少し長めのフロントセンターは走行安定性を向上させています。

INFINITO CARBON 105はカーボンモノコックフレームを採用したバイク。振動吸収に優れた上質な走りはもちろん、軽量に仕上がっているので本当に軽やかな走りを実現してくれます。

メインコンポにSHIMANO 105 をメインスペックに搭載。
確実な変速性能とトラブルの少ない耐久性の高さが自慢です。また20SPEEDを実現しておりますのでワイドなギア比で効率よく乗車できます。後々のパーツアップグレードも容易なのでうれしいです。

クランクコンパクト仕様の50/34T・カセットに12-25T 10SPEEDを使用しているので、
脚力に自信がなくても安心して踏み込めます。

MAVIC AKISIUMEコンプリートホイール仕様で剛性が高く、質の良い走りを実現したモデルです。


B4Pモデル カーボンモノコックバイク”SEMPRE(センプレ)”

B4P(BORN FOR PERFORMANCE)シリーズのフレームはパフォーマンス重視の設計ですが、広範囲に渡って融通が利くよう作られていますので、レースのみでは無く様々な用途に使用することが出来ます。

SEMPRE(センプレ)はカーボンモノコックフレームを採用したバイク。レーシーなジオメトリーを採用し、BB30を採用するなど軽量化に拘ったフレームは振動吸収に優れた上質な走りはもちろん、本当に軽やかな走りを実現してくれます。

SHIMANO ULTEGRAをメインスペックに20SPEEDで効率の良い走りを実現します。 上質な仕上がりのパーツで変速性能・精度・耐久性・メンテナンス性に非常に優れているのもポイントです。

クランクにはC2Cシリーズと異なり53/39T・カセットに12-25T 10SPEEDを使用。重たいギア比を持ち合わせ、レーシーな走りを実現できるバイクに仕上がっています。

FULLCRUM RACING5コンプリートホイール仕様で剛性が高く、質の良い走りを実現したモデルです。


BIANCHI(ビアンキ)のカーボンモノコックフレームを採用したモデル
”INFINITO(インフィニート)”。C2Cシリーズの最上位モデルとなります。

ビアンキのC2Cモデル(コーストtoコースト)のテーマは快適性。
サイクリングには、レースの楽しみ、速度の快感、長距離を走る達成感などが挙げられますが、 C2Cプロジェクトではこれらの全てに答えるために生まれました。

通常のフレームよりも長いヘッドチューブは上体を起こす事ができ、肩と首の疲労を軽減して呼吸も楽になります。少し長めのフロントセンターは走行安定性を向上させています。

INFINITO CARBON 105はカーボンモノコックフレームを採用したバイク。振動吸収に優れた上質な走りはもちろん、軽量に仕上がっているので本当に軽やかな走りを実現してくれます。

メインコンポにSHIMANO 105 をメインスペックに搭載。
確実な変速性能とトラブルの少ない耐久性の高さが自慢です。また20SPEEDを実現しておりますのでワイドなギア比で効率よく乗車できます。後々のパーツアップグレードも容易なのでうれしいです。

クランクコンパクト仕様の50/34T・カセットに12-25T 10SPEEDを使用しているので、
脚力に自信がなくても安心して踏み込めます。
MAVIC AKISIUMEコンプリートホイール仕様で剛性が高く、質の良い走りを実現したモデルです。

ページのトップ

掲示板

サイクリングロード

  1. 北海道
  2. 道北 道東(太平洋) 道央 道南
  3. 東北
  4. 福島県
  5. 関東・甲信越
  6. 茨城県 栃木県 群馬県
  7. 北陸・東海
  8. 関西
  9. 中国・四国
  10. 九州・沖縄
  11. 沖縄県

MTB林道ツーリング

  1. 北海道
  2. 道北 道東(太平洋) 道央 道南
  3. 東北
  4. 青森県 岩手県 山形県 福島県
  5. 関東・甲信越
  6. 山梨県 長野県
  7. 北陸・東海
  8. 福井県 岐阜県
  9. 関西
  10. 兵庫県
  11. 中国・四国
  12. 広島県 徳島県 高知県
  13. 九州・沖縄
  14. 熊本県 鹿児島県

自転車リンク集

広 告

システムキャリア / サイクルキャリア

Copyright (C) 2012 Yuichi Mizunuma All rights reserved. since 2003.WebMaster うーたん
サイクリングトークの掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信・出版物への掲載等を禁じます