サイクリングトーク 自転車談義

自転車で行く旅の情報

サイクリングトーク

  1. ホーム
  2. 自転車リンク
  3. サイクリングロード
  4. ツーリング
  5. 林道

白河の関・奥州街道

白河の関・奥州街道

古代、有史以前からみちのくの関としてあった白河の関は、平安朝時代はたくさんの和歌に詠み込まれ、白河と聞いただけで王朝の貴族たちはみちのくを思い浮かべました。現在の白河の関は幾たびかの発掘調査でその全容が明らかになりつつあり、関とその周りは公園として整備されています。
関東からみちのくの入るのには、2つのルートがあります。一つは豊臣秀吉が越えた旧奥州街道(国道294)で県境には二所の関(境の明神)があります。もう一つのルートが白河の関を越える古道の奥州街道(県道76)です。どちらも民家も疎らな田園のなかのなだらかな峠越えの道です。

白河の関・奥州街道の地図

白河の関・奥州街道の地図

旧奥州街道(国道294)

旧奥州街道(国道294)

栃木側はなだらかな丘陵の中を登って行きます。坂は気がつかないほど緩やかで、周りには水田が広がります。

旧奥州街道(国道294)

旧奥州街道の風情を残す泉田の一里塚です。

旧奥州街道(国道294)

旧奥州街道から見える那須連山です。

旧奥州街道の国境(二所の関)

旧奥州街道の国境(二所の関)

豊臣秀吉も越えた関東と陸奥の国境です。
二所の関とは2つの神社があることを言い、二所の関の由来を記した石碑が右手の森の中に立っています。ここには栃木側と福島側の双方に神社が建立されています。

旧奥州街道の国境(二所の関)

栃木側には玉津島神社が祀られていています。この国境の前後だけがやや勾配がきつくなっていて、峠風に感じます。

旧奥州街道の国境(二所の関)

ちょうど県境の上に住吉神社が建っています。ここを越えるとみちのくです。

古道奥州街道の栃木側

古道奥州街道の栃木側

那須の伊王野と白河をむすぶ古道の奥州街道の栃木側です。
風情のある造りの民家が多く残されていて、道の脇には用水路が流れているところも多く、夏の暑い日などは涼をとれます。

古道奥州街道の栃木側

県境にある追分けの明神です。ここは峠とも言えないほどの緩やかな勾配です。
ここを越えると白河の関です。

白河の関

白河の関

上古以来、関東と陸奥の境となっていた白河の関です。

白河の関

丘の上にある白河神社は延喜式の神社です。

白河の関

白河神社の建つ丘の麓は空堀が掘られています。

旗宿

旗宿

鎌倉時代からの宿場町の旗宿の街並みです。奥の細道の松尾芭蕉もこの旗宿に宿を取りました。
白河の関から白河市街まではわずかですが下り勾配です。

南湖の周遊路

南湖の周遊路

江戸幕府の老中として寛政の改革を行った松平定信ゆかりの南湖が、白河市街の南にあります。南湖は人工の池で、池の周りを一周することが出来ます。周回路は一部がダートです。

南湖の周遊路

南湖の湖畔には沢山の桜の木が植えれいます。

この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000(地図画像)を使用したものである(承認番号 平13総使、第533号)

ページのトップへ

サイクリングロード

福島県

リンク

  1. 北海道
  2. 道北 道東(太平洋) 道央 道南
  3. 東北
  4. 福島県
  5. 関東・甲信越
  6. 茨城県 栃木県 群馬県
  7. 北陸・東海
  8. 関西
  9. 中国・四国
  10. 九州・沖縄
  11. 沖縄県

掲示板

MTB林道ツーリング

  1. 北海道
  2. 道北 道東(太平洋) 道央 道南
  3. 東北
  4. 青森県 岩手県 山形県 福島県
  5. 関東・甲信越
  6. 山梨県 長野県
  7. 北陸・東海
  8. 福井県 岐阜県
  9. 関西
  10. 兵庫県
  11. 中国・四国
  12. 広島県 徳島県 高知県
  13. 九州・沖縄
  14. 熊本県 鹿児島県

自転車リンク集

広 告

自転車 空気入れ

Copyright (C) 2012 Yuichi Mizunuma All rights reserved. since 2003.WebMaster うーたん
サイクリングトークの掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信・出版物への掲載等を禁じます