サイクリングトーク 自転車談義

自転車で行く旅の情報

サイクリングトーク

  1. ホーム
  2. 自転車リンク
  3. サイクリングロード
  4. ツーリング
  5. 林道

島尻・奥武島

島尻・奥武島

沖縄本島の南部の海岸道路と奥武(おう)島を紹介します。
本島南部の島尻の海岸道路で端って楽しいのは、佐敷から知念岬、具志頭、喜屋武岬にかけてです。このあたりは道幅が比較的広くて走りやすく、交通量が少ないです。奥武島は本島南部の海岸とは100mほどの水路で隔てられた、一周1.2kmの小さな島です。島の周りは遠浅の海で、干潮の時には遙か沖まで海が引いてしまいます。

島尻・奥武島の地図

島尻・奥武島の地図

佐敷(国道331)

佐敷(国道331)

国道331の佐敷からは微妙に海と距離があり、海を見ながら走ると言うことができません。写真は佐敷城からみた佐敷の海岸と国道です。

佐敷(国道331)

那覇市街から与那原、佐敷と通り過ぎて来るにしたがい、交通量が減ってきます。道の雰囲気も佐敷の市街を抜けると街路樹が多くなり良くなります。

奥武島

奥武島

旧玉城村の海岸にある一周1.2kmの小さな島が奥武(おう)島です。奥武島へは狭い水路を橋を越えて渡りますが、玉城の国道はこのあたりは意外なほど高いところを通っているので、国道から奥武島までは長い下り坂をおります。
写真は玉城城からみた奥武島です。

奥武島

奥武島の南の海岸線です。

奥武島

遠浅の海岸です。

具志頭(国道331)

具志頭(国道331)

国道沿いの街路樹。緑がまぶしく心が和みますが、具志頭から糸満にかけては道幅が狭い箇所が多く、街路樹があるとさらに狭くなり車に接触する危険が増すので、複雑な気分です。

具志頭(国道331)

国道507との交差点。国道507は道幅が狭く交通量も多いので快適さにかけますが、那覇から島尻まで来るには最短のルートです。

糸満南部(国道331)

糸満南部(国道331)

糸満市の南部は有名な観光施設が多くあり、大型の観光バスが多数通ります。

糸満南部(国道331)

コーヒーブレイク。黎明の塔の先にある、糸満の海岸です。一部階段が崩れていたりして、殆ど観光客は入ってきません。

喜屋武岬

喜屋武岬

喜屋武岬への道。サトウキビ畑の中を通るダートです。魂魄之塔がある県道側から入り、処理場の横の小径を入ります。

喜屋武岬

名城ビーチ側の入り口です。こちらの道も狭いですが舗装化されています。舗装路なので車が多く通ります。

喜屋武岬

喜屋武岬。

豊見城

豊見城

糸満から豊見城、那覇にかけては完全な市街地の走行となります。走ってもおもしろさのない区間なので、特に用事がなければ、内陸を通った方がよいです。

この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000(地図画像)を使用したものである(承認番号 平13総使、第533号)

ページのトップへ

サイクリングロード

沖縄県

リンク

  1. 北海道
  2. 道北 道東(太平洋) 道央 道南
  3. 東北
  4. 福島県
  5. 関東・甲信越
  6. 茨城県 栃木県 群馬県
  7. 北陸・東海
  8. 関西
  9. 中国・四国
  10. 九州・沖縄
  11. 沖縄県

掲示板

MTB林道ツーリング

  1. 北海道
  2. 道北 道東(太平洋) 道央 道南
  3. 東北
  4. 青森県 岩手県 山形県 福島県
  5. 関東・甲信越
  6. 山梨県 長野県
  7. 北陸・東海
  8. 福井県 岐阜県
  9. 関西
  10. 兵庫県
  11. 中国・四国
  12. 広島県 徳島県 高知県
  13. 九州・沖縄
  14. 熊本県 鹿児島県

自転車リンク集

広 告

自転車 空気入れ

Copyright (C) 2012 Yuichi Mizunuma All rights reserved. since 2003.WebMaster うーたん
サイクリングトークの掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信・出版物への掲載等を禁じます