サイクリングトーク 自転車談義

自転車で行く旅の情報

サイクリングトーク

  1. ホーム
  2. 自転車リンク
  3. サイクリングロード
  4. ツーリング
  5. 林道

トムラウシ

トムラウシ

道東のトムラウシの南側は日本でも有数のロングダートの密集エリアです。奥十勝峠や秘奥の滝線からトムラウシを一望できるなど景観も優れています。ロングダートばかりなので1日で全ての林道を走ることは無理なので、十勝ダムに設営されているキャンプ場を利用すると良いでしょう。 写真は奥十勝峠からトムラウシを見たところです。

トムラウシの地図

トムラウシの地図

パンケニコロベツ林道

パンケニコロベツ林道

麓から奥十勝峠までがパンケニコロベツ林道となっていて、パンケニコロベツ川沿いを登って行きます。
フラットな区間が多いですが、一部の路面は荒れています。

パンケニコロベツ林道

奥十勝峠です。パンケニコロベツ林道の名称はここまでで、道なりに直進するとシートカチ林道となります。パンケニコロベツ林道はシートカチ林道と比べてやや幅員が狭く路面の荒れも目立ちます。

シートカチ林道(奥十勝林道)

シートカチ林道(奥十勝林道)

奥十勝峠を越えるとシートカチ林道(奥十勝林道)です。シートカチ林道の区間は道幅が広くなり、交通量も増えます。奥十勝峠からはトムラウシを一望できます。

シートカチ林道(奥十勝林道)

曙橋付近は川沿いを走ります。このあたりからは秘奥の滝や十勝岳登山道に向かう車が良く通ります。

ペンケニコロベツ林道

ペンケニコロベツ林道

パンケニコロベツ林道と平行して走る林道です。
奥十勝峠の丁字路から入ると、しばらくの間は写真のような直線区間が続きます。

ペンケニコロベツ林道

中間は勾配がややきつくなり、コーナーも多くなります。麓まで下るとまた直線的で勾配のほとんど無い林道となります。

秘奥の滝線

秘奥の滝線

シートカチ林道から北に延びる支線のいくつかが秘奥の滝へとのびています。峠区間は視界が広く、トムラウシや十勝岳を遠望できます。景観の美しい林道が多いトムラウシエリアの中でも特に美しい景観を楽しめます。ただ勾配はかなり急でそれなりの体力が必要です。

秘奥の滝線

分岐が多いですが、全ての分岐に「秘奥の滝」もしくは「十勝岳」の標識が掲げられているので、標識を見落とさなければ道に迷う心配はありません。

ペンケキナウシ林道(ペンナイ林道)

ペンケキナウシ林道(ペンナイ林道)

十勝ダムの西側に広がるのがペンケキナウシ林道とペンナイ林道です。2つの林道は写真にある峠の丁字路でつながっています。

ペンケキナウシ林道(ペンナイ林道)

道道718の入り口に立つペンナイ林道の道標。ペンナイ林道とペンケキナウシ林道の標識はとても小さいので見落としやすいです。

この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000(地図画像)を使用したものである(承認番号 平13総使、第533号)

ページのトップへ

MTB林道ツーリング

道東(太平洋)

リンク

  1. 北海道
  2. 道北 道東(太平洋) 道央 道南
  3. 東北
  4. 青森県 岩手県 山形県 福島県
  5. 関東・甲信越
  6. 山梨県 長野県
  7. 北陸・東海
  8. 福井県 岐阜県
  9. 関西
  10. 兵庫県
  11. 中国・四国
  12. 広島県 徳島県 高知県
  13. 九州・沖縄
  14. 熊本県 鹿児島県

Copyright (C) 2012 Yuichi Mizunuma All rights reserved. since 2003.WebMaster うーたん
サイクリングトークの掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信・出版物への掲載等を禁じます