サイクリングトーク 自転車談義

自転車で行く旅の情報

サイクリングトーク

  1. ホーム
  2. 自転車リンク
  3. サイクリングロード
  4. ツーリング
  5. 林道

コムケ湖と小向原生花園

コムケ湖と小向原生花園

更新日:2007/03/05

コムケ湖はオホーツク海に面した紋別市にある湖です。元々は海だった海跡湖で、海とは幅100mほどの幅の砂丘で隔てられていますが、湖の東の端でわずかにつながっています。

コムケ湖は春と秋に沢山の渡り鳥が飛来してきます。特にコハクチョウとカモが本州の越冬地とシベリアの繁殖地との往復の途中に、中継地として立ち寄ります。また、秋にはオジロワシとオオワシがカムチャッカ半島からやってきます。ワシはコムケ湖で越冬をして、春にかえって行きます。
オジロワシの一部は留鳥となって、夏でもコムケ湖やシブノツナイ湖で見ることも出来ます。

コムケ湖は小向原生花園に指定されています。小向と書いて「こむかい」と読みます。湖の名前と地域の名前で読みが違っています。小向原生花園の花は6月下旬から8月上旬にかけてさきます。特に見事なのがエゾカワラナデシコの群生で、満開の時期はコムケ湖やシブノツナイ湖の湖畔の砂丘に一面ピンク色の絨毯に染め上げます。

コムケ湖に飛来したオジロワシ

コムケ湖に飛来したオジロワシ

コムケ湖に飛来したオジロワシです。翼を広げると2mほどになる大きな猛禽類です。留鳥として、夏でもコムケ湖で見ることが出来ます。

コムケ湖に飛来したオオワシ

コムケ湖に飛来したオオワシ

ハクチョウとともにコムケ湖に飛来したオオワシです。大きな黄色い嘴と白い羽が目を引きます。オジロワシよりも半周りほど大きな猛禽類で2.2mほどの翼長があります。

エゾカワラナデシコの群生

エゾカワラナデシコの群生

7月下旬、コムケ湖とシブノツナイ湖の湖畔はエゾカワラナデシコが満開となります。大きな群生では長さ1kmに渡ってピンク色の花が咲いています。

ダート

ダート

コムケ湖とオホーツク海を隔てる砂丘の上を未舗装路が通っています。爽快な道なので、ダートが走れる自転車ならばぜひ走ってください。

コムケ湖と小向原生花園の地図

ページのトップへ

掲示板

サイクリングロード

  1. 北海道
  2. 道北 道東(太平洋) 道央 道南
  3. 東北
  4. 福島県
  5. 関東・甲信越
  6. 茨城県 栃木県 群馬県
  7. 北陸・東海
  8. 関西
  9. 中国・四国
  10. 九州・沖縄
  11. 沖縄県

MTB林道ツーリング

  1. 北海道
  2. 道北 道東(太平洋) 道央 道南
  3. 東北
  4. 青森県 岩手県 山形県 福島県
  5. 関東・甲信越
  6. 山梨県 長野県
  7. 北陸・東海
  8. 福井県 岐阜県
  9. 関西
  10. 兵庫県
  11. 中国・四国
  12. 広島県 徳島県 高知県
  13. 九州・沖縄
  14. 熊本県 鹿児島県

自転車リンク集

広 告

マウンテンバイク / MTB

Copyright (C) 2012 Yuichi Mizunuma All rights reserved. since 2003.WebMaster うーたん
サイクリングトークの掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信・出版物への掲載等を禁じます