サイクリングトーク 自転車談義

自転車で行く旅の情報

サイクリングトーク

  1. ホーム
  2. 自転車リンク
  3. サイクリングロード
  4. ツーリング
  5. 林道

今帰仁城

今帰仁城

更新日:2007/03/11

今帰仁城(なきじんじょう)は北山の中心として栄えました。城は13世紀に築城が始まったと考えられています。北山は1416年に首里王府によって滅ぼされましたが、今帰仁城は北部の支配の拠点として、1609年の薩摩侵入まで使用されました。

入り口からみた城壁

入り口からみた城壁

地形を巧みに利用した石垣は美しい曲線を描いています。

旧道

旧道

正門の平郎門と郭を結んだ旧道です。わざと曲がりくねった急な階段を造り、外敵の進入を少しでも遅らせようとしています。

今は新しい階段が出来たので、この旧道を通る人は殆どいません。

御内原(うーちばる)

御内原(うーちばる)

郭の一つです。御内原から東シナ海や海岸線を一望できます。

大隅(うーしみ)と海

大隅(うーしみ)と海

御内原から見た大隅と東シナ海です。大隅は今帰仁城内では一番大きな郭で、馬の骨が発掘されたことから馬場ではなかったかと思われます。

志慶真門郭(しじまじょうかく)

志慶真門郭(しじまじょうかく)

主郭(本丸)の裏にある郭です。武家屋敷の跡が発掘されています。

主郭(本丸)

主郭(本丸)

13世紀末から14世紀前半
主郭は、今帰仁城が築城されたときに岩山の頂上を平らにして築かれました。このとき建てられた館は掘立柱の建物でした。

14世紀中期
その後、掘立柱の建物に変わり礎石立ての正殿が建てられ、今帰仁城も城(グスク)としての形を整えて行きました。

14世紀後半から15世紀前期
今帰仁城が最も栄えた時期、主郭は拡大されて現在見られる面積となりました。中国から輸入した陶磁器が大量に出土して、貿易が活発に行われ、経済力も高かったことがわかります。

15世紀前半から17世紀前期
今帰仁城を拠点とする北山が首里王府に滅ぼされましたが、城は北山の領土を支配する拠点として利用されました。首里王府より監守が派遣されました。座喜味城や中城城を築いた護佐丸も監守の一人でした。
1609年の薩摩侵入によって今帰仁城は炎上し、城としての歴史は幕が降りましたが、御嶽として清心のよりどころとして広く尊崇を集めていて、参拝者が絶えません。

今帰仁城の地図

ページのトップへ

掲示板

サイクリングロード

  1. 北海道
  2. 道北 道東(太平洋) 道央 道南
  3. 東北
  4. 福島県
  5. 関東・甲信越
  6. 茨城県 栃木県 群馬県
  7. 北陸・東海
  8. 関西
  9. 中国・四国
  10. 九州・沖縄
  11. 沖縄県

MTB林道ツーリング

  1. 北海道
  2. 道北 道東(太平洋) 道央 道南
  3. 東北
  4. 青森県 岩手県 山形県 福島県
  5. 関東・甲信越
  6. 山梨県 長野県
  7. 北陸・東海
  8. 福井県 岐阜県
  9. 関西
  10. 兵庫県
  11. 中国・四国
  12. 広島県 徳島県 高知県
  13. 九州・沖縄
  14. 熊本県 鹿児島県

自転車リンク集

広 告

マウンテンバイク / MTB

Copyright (C) 2012 Yuichi Mizunuma All rights reserved. since 2003.WebMaster うーたん
サイクリングトークの掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信・出版物への掲載等を禁じます